2007年04月

2007年04月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

Samantha Thavasa (サマンサタバサ)

概説
株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドは、バッグの輸入会社を経営していた寺田和正が1994年に創業。本社は東京都港区北青山1-2-3青山ビル2階(登記上の本店は東京都新宿区富久町13番15号)。 同社の役員には監査役に原田明夫(元検事総長)、顧問に前田健治(第81代警視総監)、同 荒川洋(元高松国税局長)など錚錚たる顔ぶれが並ぶ。社名に「ジャパンリミテッド」とあるため、外資系企業の日本法人のように見えるが、日本の企業。「ジャパンリミテッド」とついているのは、国際的なブランドにする意志を表している。

旗艦店は、2005年4月にオープンした「サマンサタバサデラックス表参道GATE店」。2006年には、海外初の路面店をニューヨークのマディソンアベニューに出店する予定

プロモーションモデルにはヒルトン姉妹やヴィクトリア・ベッカムをはじめとして海外のセレブを社長自らが交渉し積極的に起用するなど国内のみにとらわれず海外への戦略志向も強い。

展開ブランド
Samantha Thavasa(サマンサタバサ) - 「エレガントで上品なファッション性」をコンセプトにしたメインのブランド。ヴィクトリア・ベッカム、マリア・シャラポワ、ベネロペ・クルス、モニカ・クルスとのコラボレーションも行う。
Samantha Vega(サマンサベガ) - 「元気でキュート、実用性、トレンド感」をコンセプトにした大人のカジュアルスタイルのブランド。
SAMANTHA THAVASA NEW YORK(サマンサタバサニューヨーク) - 「都会的でスタイリッシュ」をコンセプトにしたブランド。ニッキー・ヒルトン(ヒルトン姉妹の妹)とのコラボレーションも行う。
Samantha Thavasa Deluxe(サマンサタバサデラックス) - 「ラグジュアリー」をコンセプトにしたブランド。蛯原友里とのコラボレーションも行う。
Violet Hanger(バイオレットハンガー) - 「知的でかっこいい」をコンセプトにしたブランド。
Samantha Tiara(サマンサティアラ) - ジュエリーブランド
SAMANTHA SILVA(サマンサシルヴァ) - シルバージュエリーブランド
Samantha Thavasa Petit Choice(サマンサタバサプチチョイス) - 小物専用ブランド
STNY(エスティニー) - モバイル専用ブランド
SAMANTHA KINGZ(サマンサキングズ) - 若年男性向けメンズブランド(バッグ・ジュエリー)

沿革
1991年10月 バッグの輸入・販売を行う株式会社マックナブトレーディングを設立。
1994年3月 寺田和正の100%出資により、株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド設立。
1994年4月 1号店(渋谷パルコ店)オープン。
1995年9月 広告代理業を行う100%子会社の株式会社マクナリーを設立。
2000年10月 株式会社マックナブトレーディングが、株式会社サマンサタバサに商号変更し、商品開発と店舗運営を行うようになる。
2001年2月 株式会社サマンサタバサが、株式会社テラダ・アンド・サンズを子会社化し、株式会社テラダ・アンド・サンズが店舗管理業務を行うようになる。
2002年9月 初の路面店(心斎橋店)をオープン
2003年6月 ジュエリー事業を開始。
2003年12月 株式会社テラダ・アンド・サンズの株式を、株式会社サマンサタバサから株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに譲渡して、完全子会社化。
2004年3月 株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドが、株式会社サマンサタバサ、株式会社マクナリー、株式会社テラダ・アンド・サンズの3社を吸収合併。本社を港区北青山に移転。
2004年9月 東京・銀座に路面店オープン。
2005年4月 旗艦店となるサマンサタバサデラックス表参道GATE店がオープン。
2005年10月 モバイルサイト(サマンサタバサワールドウォーカー)をオープン。
2005年12月 東証マザーズに上場。
2006年2月 モバイル事業を行う100%子会社の株式会社WW by Samantha Thavasaを設立。

子会社
株式会社WW by Samantha Thavasa - インターネット・モバイル事業の100%子会社。2006年2月28日設立。

公式サイト
Samantha Thavasa Japan Limited
WW by Samantha Thavasa

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

STUSSY

STUSSY(ステューシー)

ステューシー(Stüssy)はボードシェイパーのショーン・ステューシー(Shawn Stussy)が仲間のためにデザインした数枚のTシャツから始まったサーフ&アパレルブランド。1980年、南カリフォルニアのラグナ・ビーチを拠点にサーフ・カルチャーからブランドをスタートし、世界的に進出していった。当初はレゲーミュージシャンやスケーターヒップホップミュージシャンやDJが好んで買っていったサーフブランドであった。時が経つと共にただのサーフブランドから、有名なストリートブランドへと成長していった。これが基盤となり世界進出に成功した。1990年、SOHOにNYCチャプトがオープンした後、次々と、東京、ロサンゼルス、ロンドン、イタリアなどをメインにワールドワイドにプロダクションを展開していった。日本では主にサーファー、スケーター、ヒップホップ、裏原宿系のファッションの愛好家に人気がある。

特徴
デザインの特徴はそのリラックスしたデザインと、リアルクローズとトレンドの絶妙なバランス感覚である。
STUSSYに良く用いられる物は、ショーン氏によるオリジナルの字体「ショーンフォント」とブロック体によるブランドネーム「ストックロゴ」である。
また人物や風景をモノクロフォトであしらった作品、通称「オールドフォト」も大人気である。 その他には「ハイビスカス柄」、「Pop Tom柄」、「IRIE柄」などのオリジナルの柄物も人気が高い。

コラボレーション
STUSSYは他のブランドとのコラボレーションを多数実施している。シューズではNIKEと「ハラチ」・「ダンク HI PLUS」・「ブレザー MID」・「ハラチライト」・「ダンク Low Pro SB」・「コートフォース」、NEW BALANCE&HECTICと「MT580(マッドステューシー)」、CAUSE&ジョージコックスとは「ラバーソールブーツ」、TASとは「サウス迷彩柄BARRY Low&BARRY HI」、NEW BALANCE&MASTERPIECEとは「MT580」、VANSとは「ペイズリー柄SK8-HI」、プロケッズとは「ドル柄スニーカー」がある。
時計ではCASIOと「G-SHOCK」、ルミノックスとは「ダイバーズウォッチ」、「ツアーマスター(オリジナル)」がある。
小物ではローアルパインと「バックパック」、ヘッドポーターと「バックパック」などがある。
衣類では「W)TAPS」・「NEIGHBORHOOD」・「MASTERPIECE」・「BAL」・「NITROW」・「NEXUS7」・「TENDERLOIN」・「G1950」・「CHOKE」・「コンプリートフィネス」・「インビジブルマン」・「SOPH.」などの人気ブランドとのコラボレーションが有名である。
またサングラスの人気が高く、特に「MICHAELモデル」・「valモデル」・「CINDYモデル」・「BRUCEモデル」・「NAOMIモデル」・「BRIANモデル」・「小竹長兵衛モデル」がメジャーモデルである。
またキャップも夏のストリートで大人気であり「Xニューエラ NYストライプキャップ」・「マルチワッペンメッシュキャップ」・「クエストボールキャップ」・「リスペクトキャップ」・「ステュッチ柄ビーニー」・「ラジカセフォトメッシュキャップ」・「サーフマンメッシュキャップ」・「ビザロメッシュキャップ」などがある。

(wikiから引用)

公式サイト : STUSSY
公式サイト : STUSSY JAPAN

[RSS] [Admin] [NewEntry]

LIZ LISA(リズリサ)

LIZ LISA(リズリサ)は株式会社ヴエント・インターナショナル(東京都渋谷区宇田川町36-1)が展開するレディスファッションのブランド。
1999年、ギャル系のファッションを売りにして、 渋谷109に開店した。
2000年11月に渋谷109に第1号店を開店させ全国に30店舗以上の支店がある。
開店当時の1999年にはカリスマショップの勢力が強く、リズリサは数あるブランドの1つとして、マイナーなブランドであった。
しかし、2000年の大幅なリニューアルを実行したことによりメジャーデビューが成功した。
このリニューアルでは、デザイナーやスタッフらを総入れ替えし、ファッション路線もそれまでのギャル的なコンセプトから大人のキュート&フェミニンを前面に押し出したスタイルへと変更していった。

現在ではノスタルジックさとトレンドをミックスさせたデザインはかわいらしさとロマンチックなイメージを前面に押し出したものが多い。
フェミニンで、キュートなファッションが特徴。
レースやフリル、ファー使いなどに特徴を持つ服が多い。
10代後半の女性を中心に圧倒的な人気を誇り渋谷系ファッションの一角を担う。

ちなみにLIZ LISAには妹ブランドとして、TRALALAがある。

展開ブランド

LIZ LISA
LIZ LISA TWINKLE

公式サイト : LIZ LISA

(wikiから引用)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。